チタンフレームのクリングス(鼻パッドの取付け金具)のロー離れです。

実は三度目で形も…

まぁ可能な限り何度でも直しますよ!

サクッとかつしっかり付けます。

ロー付け箇所のみを磨きました。

すでに鼻パッドやレンズが付いてます…(^_^;)。

塗装してませんがおもてからは殆ど修理跡が

分かりません。

完成です。


チタンフレームですがレンズを留めるリムのネジが折れてしまってます。

反対側。こうしてみるとネジが錆び錆びなのがよく分かりますね。

基本的には汗だったり湿度の多い環境で使ってたりしながらも洗浄などのメンテナンスを怠って錆が発生してそれが進行し、やがて何らかのきっかけで力が加わった時に折れる…ということが起こりやすいようです。

この錆びたネジは専用のネジ抜き機を使って抜きます。

そしてネジ穴を切り直して…

超音波洗浄器で念入りに錆が残らないよう洗浄した上でネジの通りを確認。

普通にネジが通り、締め込みも問題なし!

ということで完成です。


チタンフレームでリムが切れてますがすでにロー付け跡があります。

うーん…(・・;)、なんと言うか状態があまりよろしくないのでしっかりと直しましょう。

改めてくっ付けるための下地を作ります(赤丸内)。

それを元に接合します。

塗装するとこんな感じ(すでに組み上がってますが…笑)。

強度を確保した上で見た目も目立たなくできました

完成です。


チタン製ナイロール(半縁ち)フレームのリム切れです。

断面の形状が特殊で多くが凹な中、こちらは凸となってます。

つまりは付けにくいということです(^_^;)。

ひとまず下地を作って…

補強材を入れた上で付けていきます。

補強部をカットし、煤を落として磨いたところです。

ちょっと肉厚になってしまいましたが強度を高めるためには仕方ありません。

塗装後組み上げて完成です。


こどもの激しい動きに眼鏡はなかなか耐えられず壊れにくいトマトグラッシーズでも例外ではありません。


こちらも時々あります、コマ切れではなくストッパーの部分が欠け落ちたもの。

すでに補修中です。

樹脂で成型するだけではまたすぐ取れるので金属板を使って補強しました。

内側から見たところ。

スペースや重量を考えてネジは最小限としてます。

完成です。