閉店間際に大至急…!と持ち込まれたチタン製フレームで、すでにこれまで至る箇所をロー付け修理してます。

段取る時間もなかったので最小限の手間で直します。

外れたパーツも再利用しました。

前から。

10分そこそこでの引渡しでした。


いつもそんな時間でできるわけではありません。

進めていくうちに新たな不具合が発見されることも少なからずあるからです。

何事か起こった際のある程度の時間的余裕は欲しいですね(^^;。

セルフレームは長く使用すると油分が抜けて弾力性がなくなり表面が白濁化します。

こちらのテンプル(つる)がそれに当たります。

白濁化した箇所を削り落としツヤを復活させましょう。


外側ビフォー

アフター

内側ビフォー

アフター

長くご愛用のフレームだったので非常に感激していただきました。

改めて愛着が湧いてこられたご様子でした。

レンズもアップデートした度を入れて気持ち良くお使いいただけますね(^^)。

メタルフレーム丁番コマ切れです。

なんだか久し振りのような気がしますね、このような普通の(?)修理は。

切れた元の金具は熱を当ててテンプル(つる)から取り外します。

そして新しい金具を付けます。

組み上げて完成です!

塗装が必要なかったので10分少々でお渡し出来ました(^^)。


チタンフレームの「智(ち)」というリムとテンプル(つる)を繋ぐパーツが千切れてます


ただのロー離れでなくリムがゴソッとえぐられてますね…

たっぷりとローを盛って強度を確保しましょう。

付けたら磨いて

塗装して組み上げます。

テンプルを折りたたんでも歪みはありませんね。

相当近付かないと修理したとは分かりませんね(^^)

完成〜!

ナイロール(半縁ち)のリムの割れです。

溝を掘ったり穴を開けたり、でどうしても強度は落ちがちになりますね…(^^;

割れた箇所に下処理を施し

くっ付けて

糸を通す穴を開けて

塗装して組み上げてら

完成ですヽ(・∀・)!