チタン製ナイロール(半縁ち)フレームのリムの折れです。

リムの内側にはナイロン糸を通す溝がありそれに沿って割れることはたまにありますが、こういう折れ方をするのは珍しいですね。

それを支えてる「智」という箇所が頑丈に出来てるのでその反動でしょうか…

接合中

分かりにくいですが補強を入れて接合してます。

なので強度は出てると思います。

完成(^^)!

台風一過。

風…

風と云えば

風防付きメガネの丁番のコマが切れてました(笑)。

テンプル(つる)側なのでいつも通りのコマ付け替えです。

塗装乾燥の後、組み上げて完成です(^^)。

合金フレームの修理を依頼されましたが

あらら、二箇所のロー離れが…(・_・;


しかも,話噂磴淵蹇蕊佞韻任垢、△話躇佞靴覆い搬召離僉璽弔泙妊丱蕕靴討靴泙いねない難易度の高い箇所です。

慎重に慎重に…

二箇所ともなんとか無事付きましたε-(´∀`; )!

あとはひとまず形を整えて、塗装して完成です!

学生さんのメガネで壊れた〜!って持ってこられたのがこちら。

よくあるロー離れかなぁと思ってよく見ると…

リムがゴッソリともげてました( ´△`)

ただキレイに付けるだけではリムの強度に不安があったので、シッカリと付け直しました。

今回私が直したのは赤矢印のところ。

反対側にもロー付け跡がありますね!

そうです、この箇所だけで2回目です…


まとめて塗装します。

完成〜ヽ(´▽`)/!

鼻パッドを付けるクリングスという金具がロー離れのために欠け落ちてます。

取り外せるパーツは全て外して新しいクリングスをロー付けします。

付いたら炭や余分なローを落として磨きをかけます。

そして組み上げます。

元が銀メッキなので塗装が必要ありませんし、少し磨くと修理跡がほぼ分からなくなってますね(^^)。

完成ですヽ(´▽`)/!

メガネのロー付け修理だけで100エントリーという節目を迎えましたヽ(´▽`)/!

それだけ需要があると解釈してるのでこれからもできるだけ継続していきますね。


さて、こども向けのフレームでテンプル(つる)が樹脂のタイプ、赤丸の中の丁番のコマが切れてます。

このフレームでは定番と言っていいほど度々直してますね。

早速部品を付け替えて…

すでに磨いてます(笑)。

完成です(^^)!

修理跡も分かりにくいし安心して使い倒してくださいねー^^。

メタルフレームのロー離れです。

片手で着け外しをしたり、何かしらとぶつかったり、踏んづけたり…などでよく起こりますね。

早速かかりましょう。

サクッと付け終えたところ。

着色しました。

少し濃く見えますね…(^^;。

少し離れるとほぼ分からないので良しとしましょう。完成です!

よくあるパターンとして

「フレームの幅が拡がったから締めて〜」って来られたものをよく見ると…

「ヒビが入って切れかかってますよ…(・_・;。」

そうなると修理が必要ですね。

ヒビの箇所は一旦削ってから

ローで埋めます。

ついでに経たった鼻パッドを磨きましょう。

ビフォー

アフター

組み上げて完成です。

一部カラーメッキが落ちて変色してますが実用性には変えられませんね、まだまだ使えますよ(^^)。

弾力のあるテンプル(つる)が全盛ですが線状のものは時々折れてるのを見かけます。

三本線なので一本折れても使えると言えば使えるのですが、精神衛生上よろしくないので直します。

しっかりと固定して作業します。

付きました。

焼け跡もなんとか最小限にとどめつつ。

軽く塗装して完成です(^^)!

チタン製フレームが真っ二つです。

しかもロー離れではなくバキッと折れてました。

力の加わりやすい箇所なのでしっかりと、そしてリムに塗装が施されてるのでそれを傷めないよう付けていきます。

余分なローを削り落として…

組み上げ、完成です。

塗装への影響も最小限にとどめることができました(^o^)!

今回で200エントリー達成ですヽ(´▽`)/!!!


メガネの修理のみ、しかもほぼ半数がロー付け!という特化した内容でよく続いてるもんだと我ながら思います。

が、それだけ壊す方、直したい方がいらっしゃるってことなんですね。


ということでこれからも修理ある限り続けていきます(^^)。