一定期間更新がないため広告を表示しています

前回は左丸のロー付けでした。

その続き、いよいよ右丸のリムを繋ぎます。

状況確認ですが、

レンズが落ちないようにと工夫したのでしょう。

瞬間接着剤がたっぷり塗られてます。

白濁して見えるのは全てそれです。

レンズを外しました。

ビッシリ着いてます。

今回レンズは交換するので使いませんが再利用際はこれを全て落とさなければいけません。

リム内にもビッシリ…。

これは全部落とします。

特に切れた箇所は接着剤のカスが残ると強度が落ちるので念入りに落とします。

この作業は本当に大変です。いつもお客様には瞬間接着剤は絶対に使わないでください、とお伝えするんですが…(^_^;)。

…で、落としきったら溶着。

一旦付いたら面を整えて

補強します。

固まったら形を整えて磨きます。

組み上げて完成ですヽ(´▽`)/。

修理跡はほとんど目立たなくできました^^。


改めて言います。

メガネが破損しても接着剤、特に瞬間接着剤は絶対に使わないでくださいね。

ほぼ画像のみです。

状態にもよりけりですがこれくらいはキレイに磨くことは可能です(^-^)。


ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

鼻の当たりが落ち着かずメガネがズレる、とのことで持ち込まれたフレーム。

可動式のパッド「ピターム」に交換します。

元の鼻当てを削り落とします

パッドを支えるパーツが付きました

樹脂が固まったらパッドを取り付けます

一晩寝かせて完成です

デザインも邪魔せず良い感じですね


セル系樹脂(アセテート)フレームのサングラス、フロント(前枠)の金属の飾りが反って取れかかってます…。

実用には影響しませんがファッションアイテムでもあるサングラスがこれではいけませんね。

一旦完全に取り外してフロント本体に溶剤や穴埋め用樹脂を充填します。

しばらく放置して溶剤が馴染むのを待ちましょう。

その間に飾りの反りを修正します。


樹脂と溶剤が馴染んで固まりかけたら飾りをはめ込みます。

そしてしばらく圧着。

完全に固まったら表面を仕上げて完成です(^^)!

セルフレームは長く使用すると油分が抜けて弾力性がなくなり表面が白濁化します。

こちらのテンプル(つる)がそれに当たります。

白濁化した箇所を削り落としツヤを復活させましょう。


外側ビフォー

アフター

内側ビフォー

アフター

長くご愛用のフレームだったので非常に感激していただきました。

改めて愛着が湧いてこられたご様子でした。

レンズもアップデートした度を入れて気持ち良くお使いいただけますね(^^)。

セル手と呼ばれるフロント(前枠)はメタル、テンプル(つる)はセルなどの樹脂でできてるフレームで、長期の使用により表面が霞んで劣化したので磨いてほしい、とのことです。


本当に使い込まれてて、確かにツヤがなく

白く風化してるのが見て取れますね。

顔に触れる内側を見ると

無数のヒビ割れが…(゚Д゚)!

磨きでこのヒビ割れを取り除くことはほぼ無理ですが、できる範囲で凹凸をなくし、馴らしてから磨きをかけることにします。


そうして磨いた外側

こちらは普通にツヤが出てます。

問題の内側…

使用、見た目ともなんとか耐えられるくらいにはなったでしょうか(^^;;

組み上げたものをこうして見ると何の問題もないように見えますね。

しかし弾力性は全くなくヒビ割れは今後も拡大すると思われるので取扱いには注意が必要です。

セルフレームのリムがレンズをはめる溝に沿って割れてます、しかも二箇所も(赤矢印辺り)…

近付いてよく見ると模様に沿っての割れもあります(赤丸印内)

割れた箇所を残さず修理するために一旦バラバラにしましょう。

慎重に鋸を入れ…

バラバラに。

キチンと直せるかなぁ( ̄▽ ̄;)

ひとまず元のパーツを溶着して

隙間を樹脂のチップで埋めていきます。

完全に硬化したらヤスリで成形し、ここでようやく補強材を接着します。

柄の透明感を損なわないようにクリアを選択。

再度成形、磨きをかけて完成ですヽ(´▽`)/。

時間はかかりましたがシッカリ再生できましたよ!

セルロイドやアセテートという樹脂素材を使用している通称セルフレームは長く使ってると表面のツヤがなくなり、白くくすんできます。

何度もという訳にはいきませんが一皮剥いて磨きをかけるとツヤを取り戻すことができるんです。

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

まるで新品のようなツヤが復活しました(^^)!

これだけピカピカだと気分もスッキリしますね。

大きめのサングラスってカッコいいけどブカブカだと掛け辛いですよね。

こちらも横幅が広過ぎて快適に掛けられない状態なのでテンプル(ツル)の幅を狭める加工を施します。

赤丸の中は透明なセルの板。これをスペーサーとして矢印の箇所に嚙ませます。

こんな感じでテンプル側に取付け形を整えます。

組み上げました。

角度や面を合わせるために微調整を繰り返した後、

ひとまず完成、随分と狭まりましたね。

そしな引渡しの時に細かくフィッティングし、掛け心地は抜群に良くなりました(´∀`)。

樹脂タイプのフレームというのは素材が何種類かあるんですが、修理をする上では大きく二種類に大別できます。


例えば鼻パッドを可動式なものに交換する場合

上写真の鼻パッドを削り落としパーツを溶剤で溶かして「溶着」できる、セルロイドやアセテートなどのいわゆるセルフレーム。

取れてしまっても何度でも再施工可能です。


対して溶剤で溶かすことができないので素材に穴を開けてパーツを「埋め込む」ウルテムとかTR90などの新素材。

こちらは施工に制限回数も制限があります。


セルフレームに埋め込み式の取付けはでき、選択肢は多いです。


それぞれはパッと見ただけでは分かりづらく眼鏡店でも判断できないケースもあるので注意が必要です。