セルフレームのリムがレンズをはめる溝に沿って割れてます、しかも二箇所も(赤矢印辺り)…

近付いてよく見ると模様に沿っての割れもあります(赤丸印内)

割れた箇所を残さず修理するために一旦バラバラにしましょう。

慎重に鋸を入れ…

バラバラに。

キチンと直せるかなぁ( ̄▽ ̄;)

ひとまず元のパーツを溶着して

隙間を樹脂のチップで埋めていきます。

完全に硬化したらヤスリで成形し、ここでようやく補強材を接着します。

柄の透明感を損なわないようにクリアを選択。

再度成形、磨きをかけて完成ですヽ(´▽`)/。

時間はかかりましたがシッカリ再生できましたよ!

セルロイドやアセテートという樹脂素材を使用している通称セルフレームは長く使ってると表面のツヤがなくなり、白くくすんできます。

何度もという訳にはいきませんが一皮剥いて磨きをかけるとツヤを取り戻すことができるんです。

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

まるで新品のようなツヤが復活しました(^^)!

これだけピカピカだと気分もスッキリしますね。

大きめのサングラスってカッコいいけどブカブカだと掛け辛いですよね。

こちらも横幅が広過ぎて快適に掛けられない状態なのでテンプル(ツル)の幅を狭める加工を施します。

赤丸の中は透明なセルの板。これをスペーサーとして矢印の箇所に嚙ませます。

こんな感じでテンプル側に取付け形を整えます。

組み上げました。

角度や面を合わせるために微調整を繰り返した後、

ひとまず完成、随分と狭まりましたね。

そしな引渡しの時に細かくフィッティングし、掛け心地は抜群に良くなりました(´∀`)。

樹脂タイプのフレームというのは素材が何種類かあるんですが、修理をする上では大きく二種類に大別できます。


例えば鼻パッドを可動式なものに交換する場合

上写真の鼻パッドを削り落としパーツを溶剤で溶かして「溶着」できる、セルロイドやアセテートなどのいわゆるセルフレーム。

取れてしまっても何度でも再施工可能です。


対して溶剤で溶かすことができないので素材に穴を開けてパーツを「埋め込む」ウルテムとかTR90などの新素材。

こちらは施工に制限回数も制限があります。


セルフレームに埋め込み式の取付けはでき、選択肢は多いです。


それぞれはパッと見ただけでは分かりづらく眼鏡店でも判断できないケースもあるので注意が必要です。

何かしらの強い衝撃があったのでしょう。

しっかり(?)割れてます…。

応急処置を試みたんですね。

接着剤の跡が残ってます…が、まずくっ付かないし修理の手間が増えて最悪強度にも影響を与えるので絶対に使わないでいただきたいです!!!

その接着剤を残らず取り除いてから溶着の段取りに入ります。

完全に固まったら強度確保のために金属のネジを埋め込みますが、角度や深さにはとても気を遣いますね(^^;。

さらに強度を高めるひと手間を加えてから磨きをかけます。ネジを埋め込んだ跡も分かりません。

フレームの作業はここでおしまい(^^)。

あとは慎重にレンズを入れて完成となります!

素材に柔軟性のあるセルフレームも力が加わリム過ぎたり何度も負荷がかかるとやがて割れます。

まずは専用の溶剤を使って溶着します。

固まったらネジを埋め込み補強。

この後、上からカバーをかけてネジを隠します。


念のために…と反対側を見ると、

しっかりヒビが入ってました(・・;)。

これは見過ごす訳にはいきません。

ヒビを埋めます。

固まるのを待って、削り・磨きをかけて完成です。

強度を確保して割れ跡もほぼ分からなくできました。

反対側のヒビも消え、たちまち割れる心配もなくなりましたヽ(´▽`)/。


某海外ブランドのセルフレームですがご覧の通り鼻パッドが非常に小さく用を成してません。

当然ユーザー様の顔に合うようにパッドを付け替えます。

今回は可動式パッドのご希望です。

養生をして地道にヤスリで削っていきます。

まずは右。

左右両方とも削れました。

耐水ペーパーで詰めていくと削り傷や角が取れてだいぶカタチになってきました。

バフ掛け。

これで下地作りはOKです。

いつもはアセテート素材にピタームという貼り付けのタイプを使ってますが、今回はそれを使えない「オプチル」という素材なのでアイアームという埋め込み式を使います。


…ってもう付いてますね(^^;

パッドを取付けて

完成です!

セル(樹脂)フレームの場合どこかしら割れる可能性は常にあるわけですが今回は「智(ち)」という比較的壊れにくい箇所がパキッと割れてます。

丁番金具が入ってるので力の掛かり方次第で割れることがあるんですね。

そして鼻パッドの取り付け部であるクリングスというパーツも折れてしまってます。

こちらは左右ともピタームに付け替えましょう。

まずは智の部分。ひとまずしっかりと溶着します。

固まったらボルトを通して補強します。

そして鼻はピタームに。

完全に固まったら組立てて完成です!

ボルトの跡はその存在を見ることはできますが面は素地に合わせてるので触ってもまったく違和感ありません。

むしろワンポイントアクセントみたいでカッコいいかも(笑)。

樹脂製のセルフレームは長い使うほどに油分が抜けて表面のツヤがなくなり、白く風化していきます。

そしてしなやかさも損なわれヒビ割れが生じてきます。

そうなる前の手入れとして白濁を取り除き、磨きをかけます。


まるでツヤ消しのような…(^◇^;)


下がビフォー、上がアフター

アフター、面側

同裏側

組立てて完成!

しっかりとツヤ復活です。

しなやかさも残ってるのでまだまだ活躍していただけますね(^^)!

平成から令和に。


令和第一号ブログは

セルとメタルのコンビネーションフレームです。

リムがセルなんですがギリギリまで肉厚を抑え非常に薄い構造のため強度はありません。

そのため折れたり曲がったりが起こりやすく、今回のもまさにそれ。


パッキリと割れてますね。

レンズを外すと収集つかなくなりそうだったので、まずはレンズが付いたまま慎重に接着します。

反対側も補強し直す必要があったので同様に

固まったらレンズを外して


今回の補強はなるべくスマートに仕上げたいので少々手間ですが…

型を取り

中をくり抜いて

貼り合わせます。

透明の板なので見た目の印象を変えず、凹凸もありません。

そして肉厚は倍以上と強度を確保しました。

削ったり磨いたりして面を整えます。

取り付けました。

パッと見だとどう修理補強したのかわかりません。

近付くと…(^^;

完成です\(^o^)/!

また壊しても次の対策は用意してるので安心して使ってください^^。