こちらで何度となく紹介してるトマトグラッシーズの丁番の修理、多い時は1日に3件…てこともありますがなぜか最近は数が少ないです。

皆さん上手に使えるようになってきたのかしら(笑)?

いつものように削り出して成形していきます。

完成です(^o^)!

シッカリ使い倒してくださいね〜。

一見すると太いので頑丈そうに見える樹脂フレームは実は結構外からの力に弱いです。

こちらのトマトグラッシーズも丁番の周りを破損したと持って来られます。

このままでも使えないことはないんですが次の破損を招きかねないので早速直しましょう!

欠けたところだけを付けようとしましたがどうにも強度が足りないのでしっかりと留まるように細工を施します。

ちょっと見た目は跡が残ってますが…( ̄▽ ̄;)

随分と頑丈には修復できました!

トマトグラッシーズの丁番部の修理自体は珍しくありませんが、こちらは廃番カラーでどうしてもこの色を使いたい!とのことで再生依頼がありました。

スペースに余裕はないので慎重にかつ丁寧に削りこんでいきます。

最後に穴を開けて組み上げ、形状を微調整したら完成です。

こどもメガネなので壊れる機会は多いですがその度に新調…ってわけにほいきません。

現物を見ての判断にはなりますが極力直します、何度でも(^^)!

壊れにくいこども用眼鏡フレームとして非常に人気のあるトマトグラッシーズですが、それでもお子さんの使用なので修理の依頼は後を絶ちません。


その中でも最も多いのが写真のような前枠の丁番部のコマ切れです。

最近立て続けに持って来られました。


その1

その2

その3

丁番そのものが樹脂で形成されてるため、金属に比べると切れやすいのは仕方ありません。


ただ他の材質のフレームでもまず壊れますし、むしろこのフレームだからこそこの程度で済んでるとも言えます。


回数は限られるけど写真のように修理することもできるのでお困りの場合はご一報下さい。

こども向けナイロン系フレームの鼻パッドを取付けてる部分が割れてます。

これ、実はこのフレームでは比較的よくある破損なんですね。

あまりキレイにはいきませんが使えるようには修理できました。

簡単には折れないよう必要な強度は確保してます。

左右のバランスもほぼ均等に収まってますね。

完成です。

特殊な修理のためいつも可能なわけではなく条件次第、となりますのでまずはご相談ください。

随分年季の入った合金製フレーム、あちこちメッキが剥がれて青サビが酷いです。

リムの内側が一番酷い状態に…

これを使えるように再メッキしてほしいとの依頼がありました。

まずは徹底的にサビを落とします。

大分キレイになりました。

店頭でできるのはここまで。

再メッキは別途業者に依頼します。


そして二週間ほどで仕上がってきました。

メッキホールなどの凹凸が残ること

その凹凸からメッキが剥がれやすくなること

サビによる浸食で金属そのものの強度が落ちる可能性があること

…などいくつかの条件がありお勧めはしませんが、一応可能です。

まずはご相談ください。

↓前回の様子です。


http://doctordslab.jugem.jp/?eid=163


反対側(赤矢印のところ)も折れた、とのこと。

まぁ元々構造的に…(以下略)

同じように直します。

見た目には格好良くなりましたし、強度は格段に上がりました。

ただひとつ、折り曲げることができません…(^_^;)

使用には問題ない!ということで良しとしていただきましょう^ ^。

何処へ持って行っても断られる…と持参されました。

丁番部の破損ですがロー付けはもちろん、溶着などの通常の修理ができません。

でもこのメガネがないとたちまち困る、これからも使いたい…とのことでなんとかしましょう。

金属の板を用意して

繋ぎ合わせました!

折り畳むことはできませんが強度は出てるしメガネとしての使用に不具合はありません。

部分の状態や形などによりけりですが即日対応も可能です。

まずはご相談ください(^^)。

レンズが外れた…と持って来られるメタルフレームの場合、よく見るとレンズを止めてるネジが錆びて切れてしまってることがあります。

矢印の先がまさにそれ。

専用のネジ抜き機を使ってネジを抜きます。

あっという間に抜けました。

ひどく錆びてますね、黒っぽい粉のようなものも全部錆です…。

タップでネジ穴を整えて

新しいネジを入れます。

完成!

もちろん念の為反対側のネジの状態を確認、クリーニングもしっかり施しますよ(^^)。


矢印は左右ともに部分的に噛みやすいのか、噛み心地が良いのか、ワンちゃんに噛まれて凸凹になった「先セル」です。

見た目が悪いだけでなく当たりが不均等だし何より痛みすら感じる…とのことで、交換することも多いのですが今回は出来るだけ修復してみます。

と云ってもひたすらヤスリで面を均して耐水ペーパーで研くだけ。

この時点で掛けてもほとんど気にならないでしょう。

最後にバフをかけてツヤを出します。

少し小さい穴が残りますが使用および鑑賞には充分耐えられるようになりました^_^!