学生さんのメガネで壊れた〜!って持ってこられたのがこちら。

よくあるロー離れかなぁと思ってよく見ると…

リムがゴッソリともげてました( ´△`)

ただキレイに付けるだけではリムの強度に不安があったので、シッカリと付け直しました。

今回私が直したのは赤矢印のところ。

反対側にもロー付け跡がありますね!

そうです、この箇所だけで2回目です…


まとめて塗装します。

完成〜ヽ(´▽`)/!

セルロイドやアセテートという樹脂素材を使用している通称セルフレームは長く使ってると表面のツヤがなくなり、白くくすんできます。

何度もという訳にはいきませんが一皮剥いて磨きをかけるとツヤを取り戻すことができるんです。

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

まるで新品のようなツヤが復活しました(^^)!

これだけピカピカだと気分もスッキリしますね。

鼻パッドを付けるクリングスという金具がロー離れのために欠け落ちてます。

取り外せるパーツは全て外して新しいクリングスをロー付けします。

付いたら炭や余分なローを落として磨きをかけます。

そして組み上げます。

元が銀メッキなので塗装が必要ありませんし、少し磨くと修理跡がほぼ分からなくなってますね(^^)。

完成ですヽ(´▽`)/!

メガネのロー付け修理だけで100エントリーという節目を迎えましたヽ(´▽`)/!

それだけ需要があると解釈してるのでこれからもできるだけ継続していきますね。


さて、こども向けのフレームでテンプル(つる)が樹脂のタイプ、赤丸の中の丁番のコマが切れてます。

このフレームでは定番と言っていいほど度々直してますね。

早速部品を付け替えて…

すでに磨いてます(笑)。

完成です(^^)!

修理跡も分かりにくいし安心して使い倒してくださいねー^^。

一見すると太いので頑丈そうに見える樹脂フレームは実は結構外からの力に弱いです。

こちらのトマトグラッシーズも丁番の周りを破損したと持って来られます。

このままでも使えないことはないんですが次の破損を招きかねないので早速直しましょう!

欠けたところだけを付けようとしましたがどうにも強度が足りないのでしっかりと留まるように細工を施します。

ちょっと見た目は跡が残ってますが…( ̄▽ ̄;)

随分と頑丈には修復できました!