メタルフレームのロー離れです。

片手で着け外しをしたり、何かしらとぶつかったり、踏んづけたり…などでよく起こりますね。

早速かかりましょう。

サクッと付け終えたところ。

着色しました。

少し濃く見えますね…(^^;。

少し離れるとほぼ分からないので良しとしましょう。完成です!

よくあるパターンとして

「フレームの幅が拡がったから締めて〜」って来られたものをよく見ると…

「ヒビが入って切れかかってますよ…(・_・;。」

そうなると修理が必要ですね。

ヒビの箇所は一旦削ってから

ローで埋めます。

ついでに経たった鼻パッドを磨きましょう。

ビフォー

アフター

組み上げて完成です。

一部カラーメッキが落ちて変色してますが実用性には変えられませんね、まだまだ使えますよ(^^)。

大きめのサングラスってカッコいいけどブカブカだと掛け辛いですよね。

こちらも横幅が広過ぎて快適に掛けられない状態なのでテンプル(ツル)の幅を狭める加工を施します。

赤丸の中は透明なセルの板。これをスペーサーとして矢印の箇所に嚙ませます。

こんな感じでテンプル側に取付け形を整えます。

組み上げました。

角度や面を合わせるために微調整を繰り返した後、

ひとまず完成、随分と狭まりましたね。

そしな引渡しの時に細かくフィッティングし、掛け心地は抜群に良くなりました(´∀`)。

樹脂タイプのフレームというのは素材が何種類かあるんですが、修理をする上では大きく二種類に大別できます。


例えば鼻パッドを可動式なものに交換する場合

上写真の鼻パッドを削り落としパーツを溶剤で溶かして「溶着」できる、セルロイドやアセテートなどのいわゆるセルフレーム。

取れてしまっても何度でも再施工可能です。


対して溶剤で溶かすことができないので素材に穴を開けてパーツを「埋め込む」ウルテムとかTR90などの新素材。

こちらは施工に制限回数も制限があります。


セルフレームに埋め込み式の取付けはでき、選択肢は多いです。


それぞれはパッと見ただけでは分かりづらく眼鏡店でも判断できないケースもあるので注意が必要です。

弾力のあるテンプル(つる)が全盛ですが線状のものは時々折れてるのを見かけます。

三本線なので一本折れても使えると言えば使えるのですが、精神衛生上よろしくないので直します。

しっかりと固定して作業します。

付きました。

焼け跡もなんとか最小限にとどめつつ。

軽く塗装して完成です(^^)!