鼻の当たりが落ち着かずメガネがズレる、とのことで持ち込まれたフレーム。

可動式のパッド「ピターム」に交換します。

元の鼻当てを削り落とします

パッドを支えるパーツが付きました

樹脂が固まったらパッドを取り付けます

一晩寝かせて完成です

デザインも邪魔せず良い感じですね


頑丈そうに見える上にバネ性を持つフレームも力が加わり過ぎるとやがて破損します。

幸い単純なロー離れだったのでこのまま付け直します。

余分なところにローが流れて機能が損なわれたり極力塗装を焼いたりしないよう注意して付けます。

無事付きました。

バネの効果もしっかり活きてます。

塗装も外側はまったく焼けずに仕上がりました。

完成です(^^)!


ツーポイント(縁無し)フレームの破損です。

レンズを留めてるネジが折れてました…

こんな感じ。

通常ネジ頭は六角形のものを使用することが多いんですが、これは四角形の専用パーツでメーカーにも在庫がない…とのことでこちらに持参されました。

ひとまずロー付け修理ですね。


付きました!

早速組み上げてみます。

焼け跡があるので少し変色しましたが最小限で済んだかな。



チタン製フレームのリム切れです。

接続箇所にそれぞれローを盛っていきます。

まずはくっ付きましたが、焼け跡があるので取り除きます。

焼け跡取り除いて地金が出てきました

なるべく色差を出さないよう塗装して完成です


セル系樹脂(アセテート)フレームのサングラス、フロント(前枠)の金属の飾りが反って取れかかってます…。

実用には影響しませんがファッションアイテムでもあるサングラスがこれではいけませんね。

一旦完全に取り外してフロント本体に溶剤や穴埋め用樹脂を充填します。

しばらく放置して溶剤が馴染むのを待ちましょう。

その間に飾りの反りを修正します。


樹脂と溶剤が馴染んで固まりかけたら飾りをはめ込みます。

そしてしばらく圧着。

完全に固まったら表面を仕上げて完成です(^^)!