チタン製フレームが真っ二つです。

しかもロー離れではなくバキッと折れてました。

力の加わりやすい箇所なのでしっかりと、そしてリムに塗装が施されてるのでそれを傷めないよう付けていきます。

余分なローを削り落として…

組み上げ、完成です。

塗装への影響も最小限にとどめることができました(^o^)!

今回で200エントリー達成ですヽ(´▽`)/!!!


メガネの修理のみ、しかもほぼ半数がロー付け!という特化した内容でよく続いてるもんだと我ながら思います。

が、それだけ壊す方、直したい方がいらっしゃるってことなんですね。


ということでこれからも修理ある限り続けていきます(^^)。

トマトグラッシーズの丁番部の修理自体は珍しくありませんが、こちらは廃番カラーでどうしてもこの色を使いたい!とのことで再生依頼がありました。

スペースに余裕はないので慎重にかつ丁寧に削りこんでいきます。

最後に穴を開けて組み上げ、形状を微調整したら完成です。

こどもメガネなので壊れる機会は多いですがその度に新調…ってわけにほいきません。

現物を見ての判断にはなりますが極力直します、何度でも(^^)!

クリングスという鼻パッドを取り付けてる金具が折れてます。

よくある修理なので…

早速直しましょう(^o^)。

右ブリッジ(左右のリムを繋いでる部分)の付け根にすでにロー付け跡が…

まあ気にせず進めます。

楽勝〜って思ったのも束の間、よく見るとリムにもヒビ割れがあります、しかも結構深い…(-_-;)。

ヒビ割れを取り除きしっかりロー付けを施します。

塗装してから組み上げ、完成!

実は一番上の写真を見れば分かるのですが左右の丁番部もロー付け跡があります。

つまり非常にタフな環境にあるってことですね。

それでも極力直しますよ!!!

何かしらの強い衝撃があったのでしょう。

しっかり(?)割れてます…。

応急処置を試みたんですね。

接着剤の跡が残ってます…が、まずくっ付かないし修理の手間が増えて最悪強度にも影響を与えるので絶対に使わないでいただきたいです!!!

その接着剤を残らず取り除いてから溶着の段取りに入ります。

完全に固まったら強度確保のために金属のネジを埋め込みますが、角度や深さにはとても気を遣いますね(^^;。

さらに強度を高めるひと手間を加えてから磨きをかけます。ネジを埋め込んだ跡も分かりません。

フレームの作業はここでおしまい(^^)。

あとは慎重にレンズを入れて完成となります!

ロー付けの投稿が続きます。

チタン製フレーム、クリングスという鼻パッドを取付ける金具が折れてます。

不要部分を取り除き新たにパーツを付けます。

作業中(^^)。

付けました。

特に塗装したりとかなんらかの手を加えてるわけではないのですが程よく良い色に焼けてます(笑)。

ススを落として軽く磨けばそのまま使えそうです。

前から見ても焼け跡は目立たないですね。

色を加えるよりも自然な仕上がりになり一見するとどこを修理したのか分からないくらい。

完成〜ヽ(´▽`)/!