チタン製フレームがポッキリ真っ二つ…

しかもロー離れではなく地金がえぐり取られてます。

ただのロー離れに比べ強度が落ちるので、たっぷり満遍なくローを盛込みます。

すすや余分なロー取り除いて磨きをかけます。

塗装して乾燥後、組立てて完成です!

チタン製フレームの前枠とテンプル(つる)を繋ぐ「智(ち)」という部分がロー離れを起こしてます。

多くは過度な力が加わって折れる、というパターンですね。

瞬間接着剤で対応しようとした跡があります。

これはいけませんね。

絶対に付きませんし、何よりこれを全て取り除がなければいけないのですが結構手間がかかります。

そして前枠正面に柄がプリントされてるので、これを極力落とさないように気を付けて作業します。

そうした工程を経て…付きました(^^;)。

柄落ちも最小限にとどめることができました。

すでに削り、磨きの作業も済んでます。


裏から。

組み上げたら完成です(^^)!

チタンベースのこども用フレームですがテンプル(つる)側の丁番コマが切れてます。

このフレームには比較的よく見られる症状ですね。

アップにしてみました。

切れてる部分を全て取り除き新しいパーツをロー付けし直します。

付きました!

こちらのパーツのがオリジナルのよりもしっかりしてます(^^;。

樹脂の部分も元に戻して

組み上げたら完成です(^o^)!

こどもメガネの定番トマトグラッシーズはネジ以外金属を使ってません。

そのため非常に柔軟性があって当たりも優しいのですが、ねじれ、引っ張り、折れも負荷がかかりすぎるとやはり壊れます。


まずは最も多い丁番のコマ切れ

コマを再生して

組立てます。


こちらはワンちゃんに噛み砕かれたというテンプル(つる)。

モダン(耳にかけるゴム)は新品交換しますが

端材を使って

延長処置しました。

そして組立て、完成です!

あまり強度がなく本当に応急処置ですね(^^;。


そして一見頑丈そうに見える太いストッパーとなってる部分ですが割れてます…

こちらも端材を使って盛付けていきます。

形を整えて

組立てました。

見た目より頑丈さ重視で付けてます。

完成です!

それだけ日常の中で目一杯使ってるってことです。

可能な限り直しますよ(^o^)!!!

素材に柔軟性のあるセルフレームも力が加わリム過ぎたり何度も負荷がかかるとやがて割れます。

まずは専用の溶剤を使って溶着します。

固まったらネジを埋め込み補強。

この後、上からカバーをかけてネジを隠します。


念のために…と反対側を見ると、

しっかりヒビが入ってました(・・;)。

これは見過ごす訳にはいきません。

ヒビを埋めます。

固まるのを待って、削り・磨きをかけて完成です。

強度を確保して割れ跡もほぼ分からなくできました。

反対側のヒビも消え、たちまち割れる心配もなくなりましたヽ(´▽`)/。