一定期間更新がないため広告を表示しています

一瞬、どこが壊れてるの?と思ったんですが…。

向かって右側(左目のところ)のリムから智というパーツのロー離れです。

飾りの組み付けもあるのでバランス良く付けないといけません。

最後に塗料を調色し、塗ってから組立てて完成です。

昨日の続編です。

この手の修理はできないと思われがちです。

実際筆者も昔は直せないって言ってました(汗)。

でもこの通り、結構直せます^ ^。

現物を確認しての判断にはなりますが。

見事に折れてますね。

踏まれてパキッといくケースが多いようです。

これもしっかり直します。

ただし店内のストックパーツ次第にはなりますが。

一見複雑に見えるけど普通の丁番金具の切れです。

左右見比べるとこんな感じ。

右を修理します。

違和感少なく直せますよ^ ^。

ロー付け修理で最も多いうちのひとつがこちら。

クリングスという鼻パッドを取り付ける金具の折れ。

素材や構造により難易度も変わるのですがそれでも手際良く直したい、いや、直せないといけない箇所ですね。